湾岸エリアの具体的な災害危険性(水害・地震・液状化・津波)

運河

私はいまは港区と渋谷区の間あたりに住んでいますが、元々湾岸エリアの災害に対してはかなりネガティブな考えを持っていたタイプですが、興味がなければよく知らないまま思い込むものだと思います。

何となく思っていたことを調べてみる意図の記事で、湾岸やタワマンのアンチの皆さん向けの内容ではありません。

水害についての考察

先日、東京都が『高潮リスク検索サービス』を始めまして、大変話題になってますね。
説明ページを飛ばした直接のリンクはこちらです。

湾岸エリアと言えば、イメージとは違って災害リスクが比較的少ない地域ですが、この高潮に関してはさすがにリスクが感じられるものになっています。

そもそも高潮って何?と思う方もいると思いますが、大雑把に言うと台風や強い低気圧が原因で起きる水害です。
江東区のブックレットでは以下のように説明されていました。

高潮のメカニズム

実際に起きた被害で言うと、2018年の台風21号のときに関西空港が水浸しになってしまった件が最も分かりやすい例かなと思います。
江東区のブックレットによると、江東区では過去に以下のような被害があったようですが、これらは荒川の流域のもののようです。

江東区の高潮被害の歴史

『高潮リスク検索サービス』で見る江東区周辺の高潮リスクは以下のような感じなので、

江東区周辺の高潮リスク

少なくとも湾岸エリアでは、お台場、有明や新豊洲は全く高潮の被害は無縁そうですし、豊洲と東雲の北側に多少のリスクがあるという感じでしょうか。
荒川流域のリスクと比べてしまうと、誤差の範囲程度にしか見えないですが。

何となく、月島・勝どき⇒豊洲⇒東雲あたりは島になってるので危険なイメージがあるのだと思いますが、少なくとも『高潮リスク検索サービス』で見る限りでは、芝浦のような沿岸地域と変わらないですし、荒川に限らず河川流域が危険であると言えると思います。

液状化についての考察

何といっても湾岸ディスりと言えば液状化ですよね。
「東日本大震災で浦安のあたりが液状化したし」というのが適当に語られることが多いですが、国土交通省が実地調査した結果が以下のものです。

液状化の実態調査

赤が液状化があった場所で、青がなかった場所です。赤が圧倒的に多い地域は旧江戸川以西の千葉県ということになります。
湾岸エリアで見てみると豊洲がやや目立つ感じで、あとは辰巳と新木場が濃いですね。

以下は、東京都の液状化予測ですが、こちらを見ても、湾岸エリアのリスクだけが高いということはありません。

液状化予測

また、浦安の液状化実態調査では杭の打ってあるマンションが傾いた例はなかったとのことで、杭が硬い岩盤に届いていることが重要なようです。

湾岸エリアはマンションばかりですので、建物への危険も他の地域よりも高いということはないように思います。

SUUMOの杭打ちの説明はこちら

くい打ち

なお、東日本大震災時に東北地方で大破したマンションも0件とのこと。

地震と津波についての考察

次に地震について。

東京都のハザードマップを元に、湾岸エリアは逆にすごく安全という話は語りつくされてるかなと思います。

こちらは、建物倒壊危険度と火災危険度を元にしたものですが、この2つを元にすると地震に関して湾岸エリアは非常に安全ということになります。

ハザードマップ

地震による被害は主に火事と津波です。私は内陸の方に住んでいるので、火事の危険に関しては、実感として確かにそうだなと思います。木造の戸建が密集してますので。

で、津波はどうなのか?と。
湾岸エリアは危険派だった私でも、さすがに東京湾の形状を見れば津波は大丈夫だろうとずっと思ってます。

以下は歴史上、東京湾の津波の被害はどうだったか?というこちらの記事に記載されている、過去の津波の高さの情報です。100年に1度レベルの地震では、最大2m、大体1.5m平均ということが分かります。

ちなみに東日本大震災では最大40mでした。

津波の歴史

以上のことから、(1)東京湾が入り組んでいる地形であること、(2)川がたくさん流れ込んでいること、により、津波に関しては大きな心配する必要はないと考えてよいかなと思います。

まとめ

湾岸エリアは危険だ!とずっと思ってきました。

やっぱり危険な部分と実は危険じゃない部分がありましたが、特に火災に対しての安全性に対してはなるほど!と思う部分がありました。オリンピックの影響で、電柱はだいぶ地中に埋めたようですが、早く全部地中に埋まるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です