第一貨物・東雲跡地(大和ハウスその後編)

第一貨物

本件については、全力二階建てさんで取り上げられてから全国的な炎上となっています。

まだ試運転中の当ブログは特に炎上ネタを書いてないので平和でしたが、ようやく沈静化したと思ったら、大和ハウス工業さんの撤回の噂が…。


追記が長くなったので、追記自体をまとめました。


※ ここから本文です

叩いていた2種類の人たちと勘違い

この件で、湾岸民を叩いていた人たちは2種類いたように思います。

  • (A)おもしろがって湾岸をいじったり叩いたりしてる人たち
  • (B)準工業地帯、倉庫地帯に住む方が悪いと言ってる人たち

どっちも好きにやればいいとは思いますが、(B)には少々勘違いがあるのかなと。

「倉庫街のくせに」は少々勘違いが

簡単に言うと、「隣に倉庫が建って可哀想に(つまり、よく調べもせずに買ってざまあ)」的なイメージなんだと思いますが、そもそも第一貨物さんの隣地には分譲マンションはありません。

赤い四角が該当の第一貨物さん跡地です。青い四角が東雲のタワマン群の場所です。

東雲タワマン群にとってみれば、安全面を除けば迷惑というような距離感ではなく、逆に西側の眺望が遮られないことが確定し物流倉庫であればプラスとも言えます。

また豊洲に至っては近いとも言えない場所です。

南青山の児相との比較

住民が近隣施設に反対した例では、南青山の児童相談所が近隣の住民から反対を運動を受けた件がありましたが、同じ地図の縮尺で見ると以下のような距離感です。

赤丸が児相で、青丸が隣の高級分譲マンション。

あくまでも距離感の話ですが、湾岸の位置関係や距離感というのは全然分かってない人の方が多いので、恐らく勘違いも多く含まれていると思われます。すぐ隣に倉庫ができるというような話ではないのです。

東雲の用途地域

ちなみに、東雲一丁目地区は以下の図のようになっていて、住民が多く住んでいる場所は普通に第2種住宅地域(オレンジ部分)です。埋立地であることは変わりませんが、用途は住宅地です。

そもそも東雲の方々はそんなに文句言ってなかったような…。あまり関係のない豊洲の方々が主に炎上されていたように思います。

住民運動とかのレベルではない

重ねてになりますが、住民運動のようなものは起きていません。

Twitterで少数の方々が文句を言った、その文句の言い方がちょっと良くなかったというだけです。

文句を言ってた方々も10人もいないのではないでしょうか。 豊洲、有明、東雲、辰巳で8万人以上が住んでいます。

一庶民が大企業様にTwitter上で文句言ったところで何の影響もないと思いますけどね。

安全に配慮すべきという主張

炎上後急に増えた安全に配慮派ですが、実際に問題はあるかもしれません。
地図を見てみると確かに幼稚園、保育園、小学校等が集中しており、青いラインのところが結構危険で事故もおきたことがあるとか。

何ができるにしても何らかの配慮は必要でしょうね。

本当に撤回されたら?

とはいえ、もし撤回されたとして、その後どうなるのか?

駅が遠いため、商業施設の場合は車メインのものになるかなと思いますが、そうなると混雑問題でハッピーじゃない住民も出るのかもしれません。今回学びました。

こんなケースは、シムシティなら、面倒だから公園を建てておくパターンなんですけどね。

やはり無難にデータセンターとかですかね。そうなるとまた炎上する人が出そうですが…。

今後も注視していきたいと思います。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です