よそからみた江東区の喫煙問題

喫煙所

すぐではないですが、江東区の湾岸地区に引っ越すことになりました(現在の生活圏は六本木⇔渋谷)。

引っ越し決める前から、Twitter上でやけに目につくのが路上喫煙問題です。

区ごとの喫煙ルール比較

そこで、2021/4/13時点での喫煙関連の区の方針を確認してみました。
23区見ると分かりにくいので、都心4区。江東区とその隣の2区に絞りました。

細かいルールはバッサリカットしてますので、詳細は区名をリンクにしてますので、各区の説明をご覧ください。

路上喫煙禁止状況制定時期現時点の罰金
港区公共の場禁止2014/7/1なし
中央区公共の場禁止2020/7/1なし
千代田区公共の場禁止2002/10/12000円
渋谷区公共の場禁止2019/42000円
江東区歩行禁煙のみ禁止2009/7/1なし
墨田区歩行禁煙のみ禁止2006/4なし
江戸川区歩行禁煙のみ禁止2012/1なし

こう見るとハッキリと都心4区とそれ以外で分かれていますね。制定タイミングを見ても、ただ単に江東区と周りの2区が何もしてないだけという感じです。

港区・渋谷区の実態

では、私の生活圏、六本木⇔渋谷区では路上喫煙がないのか?というとそんなことはありません。
毎日のように歩行喫煙も見かけます。他の地区から来ている人も多いのもあるのかもしれません。

実際、渋谷駅前だとこんなにすごいようで。

渋谷は罰金(過料)2000円のルールがあっても、全然やってないと思ってましたが、やっている事例もあるようです。これ以外にも実例はありました。

とはいえ、渋谷でも罰金強化要望の声をたくさん見かけますし、ほとんど罰金は実行されておらず、あまり機能していないのではないように思います。

都心4区との指定喫煙所の違い

その他違いとして気になるのが区の指定喫煙所です。

都心4区は指定喫煙所をググると、区のページが表示されてます。

渋谷区指定喫煙所

港区指定喫煙所

千代田区指定喫煙所

中央区指定喫煙所

  • 江戸川区 見つけることができませんでした。
  • 墨田区 あるらしいですが、公式のリストは見つけられませんでした。
  • 江東区 あるらしいですが、公式のリストは見つけられませんでした。

とある議員さんのブログを見ると、「指定喫煙所を作ろうとすると、その周辺から反対があって困難」ということもあるらしいです。それは確かにそうでしょう。実際に指定喫煙所あたりの煙はひどいもんです。

江東区は喫煙所を作ることに消極的なのでしょうし、場所の公開にも消極的なのだろうと思います。

しかし、路上喫煙の規制のそもそもの目標は受動喫煙防止であることを考えれば、誰もが喫煙場所を分かっていること、つまり行政が指定した場所で吸わせることは必要なことだと思います。

また、ひたすらに喫煙者から喫煙場所を奪っても解決しないどころか、悪化する可能性があります。

路上での全面的な禁煙は非現実的である以上、喫煙者だけでなく、非喫煙者の理解を得るのも行政や政治家の仕事だと思うのですが。

タバコと税金の問題

あとは規制が緩い理由として、税収が減るのが嫌で規制しないのかな?という疑問もわいてきます。タバコ税は一部が、タバコを買った区に直接入る仕組みになっています。

タバコ税内訳

ざっくり、タバコ税の1/3強が区に直接入る計算です。

実際に税金がいくらくらいか、東京たばこ商業協同組合連合会のデータ(いつのものかハッキリしませんが)を元に見てみます。

たばこ税の税収人口一人あたり
港区60憶23,783円
中央区28億17,597円
千代田区38億61,226円
渋谷区32億14,025円
江東区39億7,569円
墨田区21億7,941円
江戸川区47億6,807円

なんと、江東区で39億弱も税収が!と一瞬思いますが、江東区の年間予算は、約2100億円です。

予算の2%弱ですので、びっくりするほど多くはない。しかし少なくもないですかね。

気になるのは、1人あたりの税収です。

都心4区は夜間人口に比べて昼間人口の多いトップ4の区(通勤、通学で人が流入している区)です。

タバコは買った場所で課税されるため、他の地域の住民が都心4区でタバコ税を払っているという構図と言えるのかなと思います。

一概に言えませんが、喫煙ルールが緩いからといって、その地域でタバコがたくさん売れるわけではないと言えるのかなと思いますので、江東区も税収目当てで喫煙ルールを緩くしているわけではないのだろうと思いたいところです。

世界に誇れるまち江東区

喫煙ルールが12年間も変わらない江東区ですが、区情報によると基本構想は以下のようになっています。

江東区基本構想

基本構想の通り、多くの面で江東区はよい街なのかもしれません。

しかしタバコが嫌とかそういうレベルの問題ではなく、癌の死因トップは肺がんです。世界に誇れるまちを目指すなら喫煙ルールが緩い区で本当によいのか考えてもらいたいです。

路上喫煙禁止は目標ではない

そして、路上喫煙に反対する側も、目標と手段がごっちゃにならないようにした方がいいのかなと。

恐らく「受動喫煙の被害を無くしたい」というのが多くの人の最終的な目標で、例えば「公共の場での路上喫煙を禁止するルールを作る」は目標ではなく手段です。

ルールを作っても目標が達成されなければ意味がありません。厳しすぎるルール、罰則のないルールは守られません。少なくとも指定喫煙所を作らずに、どんどん規制していったら逆にルール違反の喫煙が増えるだけです。

まず「路上喫煙は、周りに配慮しましょう」みたいな何の実効性もないルールは変えて、喫煙者も実行可能な現実的な手段を実行するべきじゃないかと思います。

罰金も、本当に効果を求めるなら、路上喫煙すべてに対してとかではなく、誰もがよくないと思っている歩行喫煙だけを対象にしてまず徹底的にやるなど、現実性のあるものにしてもらいたいです。

子供が大事な街で歩行喫煙が野放しになっている限り、どんなルールやマナーを提唱しても効果ないように思います。

追記

ちゃんと、指定喫煙所の設置の動きがあるようですね。大変失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です